Future Studio 大名+

Article

カテゴリー: アクティビティ

◆FANTASISTA2016年1月レポート◆
Future Studio 大名+の下野弘樹
『まずは30%から始めよう!』

201601-ti

このFANTASISTAでは、規模の大小は問わず何かしらアイデアを形にした人から実現に至るまでの話を聞きます。そしてそのストーリーテラー(ゲスト)と一緒に何かテーマについて考えてみます。他にも希望者がいれば何となく考えてるアイデアを発表する機会もつくります。

今年からリニューアルしてスタートしたこの企画ですが、ゲスト一発目はFuture Studio 大名+の下野弘樹さん。
分野を横断的にいろいろなところでアイデアを形にしてる方から発想~実現に至るまでの話を聴きました。

20160112ファンタジスタ発表資料 from Hiroki Shimono

スライドはメインではなかったので進行のガイドラインのようなものですが参考までに。


個人やチームで実行したプライベート企画から依頼を受けて仕事で行ったもの、提案して企業と協働で行った企画など、規模も分野も様々で1つ1つのエピソードを聴くだけでほとんど時間が費やされました。中には少しやってみて思うようにいかないものは一旦寝かせて何か次の機会が来るまで待つというものをありました。

印象的だったのはまず小さく実験のようにやってみることと、周りの色々な人の課題や資源を上手に活用しながらアイデアを1つの企画にまとめていくということでした。他にも思いついたことをすぐに誰かに話すことやあえて反対の意見をしそうな人に話したりなど、自分の頭だけで発想しないということも意外でした。

こうやって色々なゲストの多様な発想法や実現法を聴きながら少しずつ自分に合うものを取り入れていけばいいですね。次回は2月9日なので希望者はこちらより詳細確認の上でご参加ください。


【今回のファンタジスタ】
「Future Studio 大名+代表 下野弘樹」
1981年長崎生まれ。東京でNPO支援のベンチャー企業を経て福岡で独立。まちとひとの未来の発明をテーマに多分野で新規事業やプロジェクト中心にプランナー・ディレクターとして活動。
天神のオフィスビルにて多分野の若い世代が集まるクリエイティブな活動拠点「Future Studio 大名+」を運営。多彩な引き出しとつながりを活かして企業やまちの課題に対して新しい視点から創造的なアイデアを小さく生み育てる。


ぜひFacebookページにご参加下さい!

« »