Future Studio 大名+

Article

カテゴリー: イベント

≪Future Studio 1周年記念イベントフェス≫

1stanv

Future Studio 雁林としてスタートしたのが昨年の12月1日。

大名+へと引っ越しましたが、もう1周年です。

 

ありがたいことに大名+に引っ越してから下野個人がお仕事や色々な機会をいただくことに恵まれており、その反面Future Studio 大名+の運営や拡充にあまり力を入れられませんでした。

9月までメンバー募集も広報物作成も全くしてなかったので、そこから広報面など少しずつ動き出してきたので1年目については大した目に見える成果はあまりないかもしれません。

 

ですが、色々なコミュニティやプロジェクトが動き始めたり、マイプロジェクトのスクールに挑戦したりする中で、この場やコミュニティの必要性、そして福岡というまちの中で求められる役割、そういうことが明確になってきてることを感じています。

なので、来年は大名+は1つの事業として、それと別のフェーズでFuture Studioは活動していこうと構想しています。それと同時にいくつもあるシェアスペースを福岡というまちレベルでどう活用するかを考えたいと思います。

 

その辺りの構想もお話できればと思うので師走のお忙しい時期であるかと思いますが、ご都合つく方はぜひ来ていただけると嬉しいです。イベントは1部と2部に分かれてまして、第1部のみのご参加も歓迎します。

ご参加は問い合わせフォームからか、こちらのfacebookイベントページでも受け付けておりますので、よろしくお願い致します。

 

≪Future Studio 1st anniversary ≫
いつ:2013年12月19日(木)
どこで:天神パークビル3F会議室(中央区大名2-8-18)
いくら:参加費:1500 円 (1 部のみ500 円)
※2部は軽食付き、Future Drinksはお酒もあり

 

【第1 部メニュー】 19:30~
(Future Studio 活動報告)
● マイプロジェクト紹介(久保みなみ)
※Future Studioから生み出すヨコの動き
想いや問題意識から始まるマイプロジェクトがどのようなものか、1人のマイプロの種のものがたり。

● テアソビデパートメント(松村信宏)
※Future Studioから生み出すタテの動き
児童養護施設への本の寄付活動から、子どもの自己肯定感と創造性を育むクリエイティブワークショップへとどのように進化してきたのか。

● shi・fuku(宮川伸吾)
※Future Studioから生み出すナナメの動き
高齢と障害福祉施設の運営側、行政職員、など福祉に色々な面から関わるメンバーたちとの横断型プロジェクト。市民による公共の1つのモデルケースを目指す。

● Future Studio 1 年目レビュー(下野)
この1年を振り返ったり、来年の構想を話したり。

 

【第2 部メニュー】 20:30~

ワークショップかFuture Drinks どちらかの参加を選んでください。
4Fは食事とお酒、3Fは軽食のみご用意してます。

(ワークショップ@3F会議室)
3つのワークショップをどれか選んで参加してください。
参加費にワークショップ代も含んでます。
①テアソビナイト:お菓子の家づくりorセメント粘土でモノづくり
②文房具: お気に入りの文具を持ち寄って自慢対決!?
③甘酒:甘酒を色々なものと割って楽しんでみよう!
※ワークショップ後に大名+で飲みたい方は追加500円です。

(Future Drinks @4F大名+)
3つのコーナーに分かれてるのでいつどこに行ってもOKです。
①夜ピクニック:ちょっとピクニックスタイルな演出予定
②カタルタ :コミュニケーションカードゲームを楽しみながら
③English 飲み:ここでは英語のみ!越水ガイドがサポート!


ぜひFacebookページにご参加下さい!

« »