Future Studio 大名+

Article

カテゴリー: インタビュー

メンバーインタビュー(まっくすの巻)

CIMG0140

◎お名前とニックネームがあれば教えてください。

東信史(ひがしのぶふみ)です。まっくすと呼ばれてます。


◎今はどんな仕事や活動をしてますか?

仕事は最近までリクルートライフスタイルでケイコとマナブの営業をしていました。
仕事外ではNPO法人グリーンバードと福岡テンジン大学に所属し、コーディネーターとして福岡で活躍する人たちやまちに住む中高生向けに授業の企画や運営をしています。
他にも人の興味や関心にまつわるコミュニティづくりをしています。


◎どういう流れで今に至ってるのか教えてください。

リクルートは会社のことをよく分からないまま入社しました(笑)
ただ、媒体を白紙から作り、その媒体を利用した人たちが動くことによって、まちに変化が生まれるという仕事に面白さを感じました。

テンジン大学やグリーンバードについては、最初は東京のシブヤ大学の本を書店で見つけたところから始まりました。シブヤ大学に関わりたいと連絡をしたら、福岡でも始まるということでテンジン大学の学長を紹介されたのがキッカケですね。グリーンバードはテンジン大学と関連があるので所属するようになりました。

コミュニティづくりについては、社会人になったばかりの時は会社と家の往復をするばかりで全くそんなことはしてませんでした。ある時、カフェで知らない人とつながって仲良くなった体験があって、カフェイベントを毎月企画して人と出会うのが楽しくなりました。


☆コミュニティの良いところとは?

企業ではなかなか難しいかもしれませんが、「呼び合う仲間」という信頼感のある組織にいるだけで安心感がありますね。発言自体しやすいし、前向きな言葉が出てくるような集まりで、伴走しながら一緒にやっていけるところが良いですね。


☆活動の幅が広いからこそできることは?

考えが固執せずにすみますね。企業にもNPOにもコミュニティにも所属しているので、様々な視点で話ができる。多くのことに興味があるからこそ、焦点を狭めずにいられます。一方でお金と時間がなくなりますけどね(笑)


◎これからチャレンジしていきたい事はありますか?

キーワードは「中間支援」です。リクルートでの経験からお金と人の流れは学ぶことができたので、それを活かして自分の好きな活動してる人や手伝いたい人をサポートしたい。特に集客面など。いいものなのに広がってないものの価値を引き出して伝えたい。
あと場をつくりたい、カフェなのかコミュニティのある場所。


【関連リンク】
・ブログ「どうしてまっくすのブログは読まれるのか
福岡テンジン大学


ぜひFacebookページにご参加下さい!

« »