Future Studio 大名+

Article

カテゴリー: ニュース

◎大名+月いちレポ201402号◎

『大名+月いちレポ』と題して、Future Studio 大名+のメンバーの活動を毎月紹介するコーナーです。

まずは代表の下野から今年始めた3つの活動のお知らせです。
①福岡ピクニッククラブ
②洋画でEnglish
リノっしょビギナーズ

気になったものはありましたか?
①はピクニックをどれだけ楽しくできるか可能性を追求する!
②は海外ドラマや洋画を観ながら登場人物になりきって英語をしゃべる!
③は器用じゃなくてもはじめられるDIYで住まいを楽しく!

興味ある方はお気軽にご連絡くださいね!
では、続いてメンバーの月いちレポです!

fsdrepo4

≪まっくす(東信史)≫

『あけましてこみゅこみゅ』

今回の月いちレポテーマは「コミュニティ」。

現在「U35世代による社会を変えるチーム」の取組みに参加したり
NPOの仕事で「共創・協治」といった事業に関わりながら改めて学んでます。

そんななか、こんな素敵な言葉に出会いました。
みんなにとっても「コミュニティ」って身近で
何かを始めるときにも大切な仲間になると思うので。

コミュニティのつくりかたとは

テレビを消して、家から出て、近所の人と知り合おう。
歩いている時は、顔を上げよう。
人々とあいさつをし、植えられた花の前に座ろう。
図書館を利用しよう。一緒に遊ぼう。
地域の商店で買い物をしよう。
あなたが持っている物を分け合おう。
…続く。(参照/ http://sakunary.blog134.fc2.com/blog-entry-147.html)

僕がこれを見て、みんなに伝えたいと思ったことは
ほんと僕たちは特別なことをしてそうに見られたりするけど
なんら特別なことじゃないんだってことに戻れたらって思います。

もちろん、見せ方として「面白さ」や「アイディア」で魅了して
みんなと動くことは大事なんだろうけど、もし誰かを誘うときには
こんなことを伝えてもらえるといいななんて思っている1月なのでした。

あ、29歳になりました。

fsdrepo3

≪吉原さくら≫

『日々のチャレンジ』

皆さん、こんにちは。Future Studio 大名+の飲み会担当、エスプリパートナー
ズの吉原さくらです。私は主に大学や企業で、(1)コミュニケーションを教える
仕事と(2)キャリアやモチベーション関係の相談に乗る仕事をしています。仕事
以外でマイプロジェクトは持っていないので、最近の仕事の中で新しくチャレ
ンジしたことをご紹介します。

1.中学校での初授業!
先日とある中学校で、中学1年生に対しての職業観育成の講義を実施しました。
ゲームを使いながら、職業選択についての価値観を広げ、将来に向かって今何
ができるか?を考えてもらいました。素直な気持ちで向き合ってくれた中学生
たちを愛おしく感じました。

2.「簡単☆プレゼン設計図」を開発!
先月の活動報告に続き、大人向けプレゼンテーション講座の報告をします。
前回は右脳と左脳のバランスをとる「うさうさゲーム」を開発したと書きまし
たが、今回は誰でも論理的でキャッチーなプレゼンの構成を練ることのできる
「簡単☆プレゼン設計図」を披露しました。実際に使ってもらい、好評でした。

日々泥臭く改善を重ね、乗り越えたらうまいビールを飲む。そんな等身大の仕
事の楽しさも、もっと伝えていけたらと思います。

fsdrepo3

≪佐々木孝典≫

『2014年1月』

1月は実家に帰省時に、縁あって紹介いただいた二人の方にお会いして自分の活動について話してきました。

一人目は妹の友人で、市役所の都市建設課に務めるKさん。
地元の居酒屋で会話。
公園や展望台の設計等の仕事をしながら、市民同士の交流や、津久見のこれからについて考えるきっかけになる場づくりをされている方でした。
地元の相談できる方、土台を作っている方の存在はとても心強いものになりました。

2人目は「世間遺産」の著者藤田洋三さん。
別府藤田さんの写真展に行った後、ジョイフルでメロンソーダを飲みながら会話。
すごい勢いで喋る方なのですが、言葉の中に今後やりたい事の参考になることが含まれるているので聞き逃さないように。

また、「世間遺産」も絡めた津久見の町歩きについて相談。
30人くらいの規模で夏~秋には実現できそうです。
藤田さんは福岡で紹介いただいて松浦市で始めて知り合ったのですが、つくみの相当身近なところに共通の知人がいたりで、僕以上に藤田さんが驚かれていました。

二人との会話から今後の活動の方向がまた少し見えてきました。
まずは2月のFuturedrinksから!皆様ご参加よろしくお願い致します。

fsdrepo3

≪山崎進≫

『コミュニティ』

私にとって「コミュニティの形成」は一大重要テーマです。
人生を振り返ると,趣味のコミュニティへの参加から始まりました。その後,仕事で関わった最初のコミュニティである組込みソフトウェアのコミュニティを長らく本拠地にしています。

現在は,組込みソフトウェアに加えて,ソフトウェア工学のコミュニティ,品質保証のコミュニティ,ITのコミュニティ,教育のコミュニティ,ユーザビリティのコミュニティ,経営学のコミュニティ,地域のコミュニティと,自分の興味関心に沿って広げていきました。

私はコミュニティを通して人と関わり合うのがとても好きで,大事にしています。
いろいろコミュニティを渡り歩いた私ですが,これからは独自のコミュニティ形成に力を注ぎたいなと思っています。一番大きな柱として選ぶのは「教育」です。今年の後半から加速していこうと思うので,よろしくお願いします。あれ,月いちレポートなのにずいぶん先の話だw

fsdrepo3

≪山田祐一郎≫

『商店街めぐり、始めました。』

宮崎市に本社を置く航空会社「スカイネットアジア航空」によって運航されているソラシドエアという航空機。その機内誌「ソラタネ」の執筆をお手伝いさせていただいております。

僕が担当しているのは九州の注目企業を紹介するページ、そしてもう一つが「ぶらり商店街さんぽ」です。ソラシドエアが発着する都市にある、もしくは九州内という二つの切り口で、地域活性に取り組んでいる商店街を取材し、独自の取り組みや成功体験、今後の展望などを旅エッセイ風にまとめています。

先月出掛けたのが、長崎県諫早市にある「いさはやアエル中央商店街」です。諫早市の中心市街地にある「栄町通り」「ほんまち通り」「竹の下通り」の3商店街から成り、運営するのは諫早市中心市街地商店街協同組合連合会。実は、この商店街の中心にあるスーパー「アエルいさはや」は行政からの補助を得て、中央商店街が共同出資し、運営しているんです。一見すると2Fに駐車場を備えた何の変哲もない建物。商店街にとってスーパーは天敵にあたるものであるはずなのに、天敵をあえて運営するという全国的に見ても斬新かつ画期的な取り組みです。

「諫早市中心市街地商店街協同組合連合会」理事長・平野吉隆さんによると、元々、「アエルいさはや」の場所には大手スーパーがあり、2005年に閉鎖したそう。跡地を市民の必要な場所として活用したいという思いから、連合会は商店街によるスーパーの再生を構想。地域の住民たちにアンケートを実施し、要望を取り入れました。ちなみにスーパー「アエルいさはや」は全国からも注目される存在で、例えば、駐車場の無料利用時間を30分延長することで売上増となったデータは、他地域にある商店街の運営者たちを驚かせました。(もともと60分無料でしたが、90分無料にしたほうがのんびり買物できるからか、売上upになったとのこと。これは興味深いデータです)屋上に設置したソーラー発電で商店街の共用電力を全てまかなうというエコ事業も関心を集めています。

しかも商店街の事務所が入っているマンションまでも商店街で建てています。平野さん曰く「『商店街に住む』をコンセプトとし、若い世代を商店街に取り込む狙い」だそうで、その狙いは見事に的中。生鮮食品を取り扱う「アエルいさはや」が稼働し、マンションで暮らす若い夫婦たちがアーケードを歩くようになり、子供の笑い声が響く明るい雰囲気の商店街に生まれ変わりました。

これからも1年間、連載が続く予定ですので、またユニークな商店街に出会いましたら、報告いたします。

fsdrepo3

≪吉田篤史≫

『偶然を組み合わせた本とシャボン玉とお鍋でコミュニケーション』

福岡シャボン玉倶楽部&吉田’Sプレゼンツで
「ステキな偶然がもたらす日曜日の過ごし方」というイベントを行いました。

午前の部は直感ブックマーカーという本で遊びでみんなが偶然持ってきた本でワークショップを行い、午後の部は福岡シャボン玉倶楽部の部長を引き継ぎ初イベントを行いました。
もう冬だから外は寒いので、鍋を食べながらシャボン玉しようというイベントです!
みんなが持ち寄りしてくれた偶然の食材を鍋の中に入れ、美味しい寄せ鍋になりました。
図1
図2

最後は参加者に誕生日の人がいたので、サプライズシャボン玉をやりました。とても充実した日曜日の時間でした。
図3

こんな気づきがありました。
•偶然が集まると楽しいことが起きる。
•みんなで鍋を囲んで食べると、
自然に仲良くなれ、昔を振り返るような光景でした。

•シャボン玉は、何歳になっても童心になれる。
•1人では出来ないことでも、みんなでやると支え合ってイベント柄行える。
みなさんもぜひ偶然を組み合わせたイベントをやってみてください!

fsdrepo3

≪七條ふみ≫

みなさん、ご機嫌いかがでしょうか??
リレーション・クリエーターの七條芙美です。

仕事が一年の中で最も忙しい時期にさしかかったワタシ・・・
目の下のクマに必死でクリームをたっぷり塗りながら、このレポートを書いております(笑)

この時期の仕事として多いのが、モニターツアー!!
1月から3月までに5本のモニターツアーを担当しています。
長野県栄村、福岡県京築地域、熊本県上天草市、大分県日田市・湯布院市・・・と関わる地域も様々。じっくりツアーとして回ると今まで知らなかった魅力を沢山発見できて、本当におもしろい!日本って素敵な場所が沢山あるなぁとつくづく思います。

旅行好きには最高に嬉しいこのモニターツアー!
ほとんどの場合が「参加してくださるモニターさんに新しいツアーや観光ルートを思いっきり楽しんでもらい、率直な感想を述べてもらうことで、地域の更なる魅力を創造する!」というもの。
「地域の方が考えた極上のプランをモニター価格で体験し、更に訪れた地域の為になる!」という「旅好き」、「地域活性に興味がある」という方には一石二鳥なツアーなのです。

どうやったら、モニターになれるの??と興味を持ったアナタ!!
是非、3月15日、16日の「日田&湯布院を巡る(1泊2日)大人女子の修学旅行」=モニターツアーにお越しください。
あ、女性限定です!!男性の皆さんごめんなさい・・・・。
情緒あふれる雛祭り真っ只中の豆田町(日田)の散策、梅酒作り体験、小鹿田焼の里巡り、女子会、朝ヨガ、おしゃれな湯布院の街散策など・・・とっても魅力的なツアーになっています。
大人になってからも修学旅行気分で、色々な人と団体旅行がしたい!ワイワイ出かけたい!という方大歓迎です!!
一緒に地域を盛り上げてくれる仲間を募集中です!
詳細、お申し込み方法は以下のページから。
https://www.facebook.com/events/266076163550794/?ref_dashboard_filter=upcoming

その他の告知
2月15日、16日 上天草市1泊2日モニターツアー
3月1日、2日   博多駅前「美味のまち鹿児島in福岡」
         新ご当地グルメ「薩摩美味から揚げ~黒の陣~」1日500食無料提供
3月9日     ママと小さい子どものための日帰りバスツアーin日田&湯布院
3月15日、16日 大人女子のための修学旅行in日田&湯布院
3月21日~    瀬戸内しまのわ2014スタート
http://www.shimanowa2014.jp/


ぜひFacebookページにご参加下さい!

« »